皇南パンの由来

홈 > 皇南(ファンナム)パンの紹介 > 皇南パンの由来

since 1939

慶州の伝統的な食べ物、皇南パン

80年を遡る皇南パンの比類のない由来

1939年慶州市皇南洞30番地に開業以来、慶州市指定の伝統食品、慶尚北道指定の名品、慶尚北道の地元企業として、約80年の歴史を誇る皇南パンは、地域の代表的な特産品として大韓民国はもちろん、全世界でも他に類を見ない由来を持っています。

皇南パンの名前

1939年慶州皇南洞で作られたパンは、当時パンを買いに来た人々から 皇南パンと呼ばれたものがそのまま語り継がれ、現在の正式名称になりました。

皇南パンの創業者

皇南パン創業者、故チェ・ヨンファ翁は、慶州崔家の子孫であり、 二十一歳のとき、彼は絶えまぬ努力の末に、皇南パンという作品を一人で作り出しました。

皇南パンの味

家で小豆を使い餅やパンを仕込んで食べていた代々に伝わる風習を発展させ、故チェ・ヨンファ翁が 考案した特別な秘法で80年を経った今でも、ひたすら小豆だけで味を出しています。

皇南パンの柄

皇南パンは新羅の趣を感じることができる秀麗な櫛目柄が特徴です。菊、太陽などの皇南パン紋様に関する様々な説がありますが、正確な表現は「櫛目柄」です。