皇南パンの哲学

홈 > 皇南(ファンナム)パンの紹介 > 皇南パンの哲学

一つの哲学

ただ一つ、千年を約束する皇南パンの精神

ただ一つの味と名を守る皇南パン

皇南パンが慶州の伝統的な食べ物と慶尚北道の名品として指定され、慶州市民や観光客に愛される慶州の代表特産物に位置づけられためには、ただ一つという皇南パンの徹底した職人精神があったからこそ可能なことでした。

皇南パンは、今後もそのただ一つとして名が決して変わらないものであり、味と香りはもちろん、形もただ一つであるべしという哲学に基づいて、皇南パンは多様な類似品を相手に長い時間、唯一その名と味を守って来ています。慶州で直接栽培されている100%韓国産の赤い小豆だけを使って独自の香りを保ち、ただ一つの名の下に、黙々と家の伝統を継承する努力は、すべて「一つ」に向けた皇南パンの哲学として象徴されます。
一つの哲学が込められている皇南パンは、現在特許登録された商品として、商号とパンの形が特許法で保護されています。また、2013年には、慶尚北道の地元企業の認証を受けて、今も皇南パンは新羅の香りを含んだ神秘的な味を千年間約束する、唯一の名前として多くの人々に伝えられています。